商品レビュー・書評

コンビニコーヒーにはこれで決まり!人気のマイタンブラー「ドウシシャ タンブラー」のここが良かった!

こんにちは、コーヒー党のででぽです。

私は毎日のようにコーヒーを飲むのですが、その中でも「コンビニコーヒー」を頻繁に利用します。

コンビニコーヒーは、安く、どこでも買え、いつでも挽きたてのおいしさが味わえるという画期的な商品で、今ではどのコンビニチェーンでも主力の一つになってきています。

個人的には、「いつでも挽きたて」という点が特に魅力的で、従来の缶コーヒーとは比べものにならない位のおいしさだと思います。

しかし、そんなコンビニコーヒーの唯一の欠点は「持ち運びのしにくさ」でしょう。

通常では、容器はただの紙コップやプラスチックカップなので、鞄の中に入れてしまうと、中身が漏れてたいへんなことになってしまいます。

(これを鞄に入れるのは勇気がいる…!)

 

車で長距離移動するときに飲む、などであれば問題ないのですが、朝の出勤前にちょっとコンビニによって…みたいな場面だと、なかなか買いにくいですよね。

さて、そんなコンビニコーヒーのデメリットを克服するべく「マイタンブラーを持参」する人が増えています。

マイタンブラーにコーヒーを入れてしまえば、鞄の中に入れておいても漏れる心配はありませんからね。

また、それだけでなく

・保温性、保冷性に優れる
・(ローソン等の一部チェーンで)割引になる

などのメリットもあります。

私は去年まで学生の身分でして、大学のキャンパス内にコンビニあった関係上、「鞄に入れて持ち運ぶ」という場面がありませんでした。そのため、数年前からのヘビーユーザーでありながら、マイタンブラーをずっと持っていませんでした。

しかし、時は流れて私も立派な社会人となり、先ほどの「朝の出勤前にちょっとコンビニによって」という場面が増えてきました。

そこで、Amazonで人気のあった、とあるタンブラーをポチったところ…これが非常に使い勝手がよい!

タンブラーの使用自体が始めてではあるので、他の商品との直接比較をしたわけではないのですが、私が欲しいと思っていた機能を完璧に押さえた商品だったので、とても満足しております。

この記事では、そのタンブラーについて、ご紹介したいと思います。

ドウシシャ真空断熱タンブラー

私が使用しているのはこちらのタンブラーになります

ドウシシャ タンブラー ふた付き コンビニマグ ダイレクトタイプ 真空断熱 直接ドリップ 0.36L ブラック CBCT400BK
株式会社ドウシシャから発売されている、真空断熱タンブラーです。

Amazonレビュー「4.4/5」という、とても高い評価を得ている製品です。

画像はブラックですが、他にも、ホワイト、ブラウンから選べます。私はホワイトを使用しています。

私が実際に使ってみて、良かったところ、または悪かったところについて列挙していきます!

 

① 中身が全く漏れない!

一番大事なポイント。ここがおろそかだとタンブラーの意味がないですからね。

本商品は、ひっくり返そうがガシャガシャ振ろうが、びくともしません。

気密性の高さの鍵は、フタの設計にあります。本商品のフタには「ダイレクトタイプ」と呼ばれる形状を採用しています。

こちらがフタの写真です。

↑上から見た図

 

↑上ブタを開けるとこんな感じ

 

フタには、大小二つの穴が開いているのが分かるでしょうか?

大きい方の口は、飲み口です。一方、小さい方の穴は「空気の逃げ道」となる穴です。

上ブタを閉めると、飲み口側がかなり深く、かつキツめに閉まります。そのとき、タンブラー容器内の圧力をちょびっと上げてしまうので、その分の空気を逃がしてあげる必要があるというわけです

つまり、小さい穴を開けることで、かえって飲み口側の穴をしっかりと閉めることができる、という仕組みになっているのです。

また、小さい穴の方は本当に“小さい“穴になっているので、ここからも中の液体はこぼれてきません。よくできてますよね~

② 温冷両対応

ホット、アイスどちらも入れることができます。もちろん、最近主流の“真空断熱”仕様。

保温性・保冷性ともにバッチリです

ホット飲料を入れておいても、容器が熱くなって持てなくなったりはしません。また、アイス飲料を入れておいても、外側が結露することもありません。

③ コンビニコーヒーのLサイズが入る

サイズ容量は360ml。コンビニコーヒーのLサイズでちょうどいっぱいになります。

↑500mlペットボトルとの比較

コンビニコーヒーのサイズはチェーンによって異なりますが、このタンブラーならどのチェーンでも対応できます。

④ 持ちやすい形状

このタンブラーは完全な円筒型ではなく、若干の曲線形状となっています。

↑こんな感じ

この曲線のおかげで、良い感じに手に収まります。

⑤ ストローで飲める

飲み口のサイズが結構控えめで、ストローがちょうど安定して刺せます。

私はアイスコーヒーをよく飲むのですが、ストローを使えるのは意外と便利ですよ

⑥ 安い!!

はい、最後はやっぱりこれ。Amazonで1050円(18/10/13時点)です。

本商品は、何もコンビニコーヒーに特化したものではありません。温冷両対応なので、だいたいなんでも入れられます。

私は、オフィスのドリンクサーバーを利用するときなんかも、これをよく使いますよ。

マグカップを使っている人が結構多いですが、中身を資料やパソコンにこぼすのは怖いですからね。フタが付いているので、安心です

コンビニコーヒーを飲まない人であっても、一つ持っておいていいものだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私はデスクワークが多い仕事なのですが、おいしい飲み物があるかどうかで仕事へのモチベーションでのは、やっぱ変わってきますね

皆さんも、挽きたてのコンビニコーヒーをオフィスに持ち込んで、朝からバリバリがんばりましょう~(^-^)/

おしまい。